奴隷じゃナース!『子どもの点滴を失敗したら医者に怒鳴られた』

奴隷じゃナース!6話。看護師だって人間。もちろん失敗はしてしまいます。そんな時、患者の様子を把握せずにすぐに怒る医師もいますよね。しかし、そんな医師も女の中のボス「看護師長」にはペコペコだったりするのです。

連載:奴隷じゃナース!

白衣の乙女たち~Not an angel~
小児科では子どもの採血や点滴などが難しい場合「先生すみません どうしても隆君のルートがとれなくて…」「なさけねぇなぁプロならちゃんとやれよ」「ったくこれだから看ゴ師はっ」医師が直接針仕事をする事もある
先ほど失敗したナースに暴言を吐いていた医師であったが「うわあああ!!!」「ぎゃあああっ」
「たすけてえええワアアア」「…」「いやああああ」「ママあああ!!」「ギャアアアア」
「やっぱり師長さんやってよ」「オレやっぱり無理~」ポンッ「はいはい」「ええっ!?」陰の実力者看護師長の前ではとっても素直なボクちゃんなのであった

看護師だって人間ですから点滴を失敗することくらいありますよ。
ましてや子どもの血管なんて細いし、脱水なんて起こしていたらなおさら…。

失敗を責めるよりもまずは患児の血管の状態を確認して欲しいですよね。
若い看護師の前で怒鳴り散らしたと思ったら、看護師長には甘えちゃって、ほーんと嫌なヤツ!

この記事に関わるキーワード